在校生のメッセージ


1年生 大島 圭祐くん
大府市立大府中学校 出身
僕は洋食の調理人になりたくて入学しました。
今はまだ包丁の研ぎ方や野菜の切り方などの基礎をやっています。
部活はバスケットボール部に入り、普段学校では教わらない周りへの気配りや
コミュニケーション能力などを学んでいます。
将来、洋食のお店を持つという夢に向かって頑張ります。


3年生 田中 優輝くん
僕は小学生の頃から料理が好きで、調理師になりたいと思い、この学校へ入学しました。
最初は料理に関する知識もなく、授業や実習についていけるかどうか不安でしたが、先生方が丁寧に分かりやすく教えてくださるので、徐々に不安が自信へと変わっていきました。納得がいくまで何度も練習し、今では大根の桂むきや魚の三枚おろしなど、基本的なことは何でも出来るようになりました。テストは一般科目だけでなく調理師に必要な専門科目もあり大変ですが、知らないことや分からないことが少しずつ分かる楽しさ、そして同じ目標を持つ大切な仲間が出来たこともあり、とても充実した日々を過ごすことができています。一日一日を大切に、これからも自分の夢である「和食への道」へ進んでいきたいと思います。


2年生 野村 侑加さん
もともと料理に興味があったことと、部活動も頑張りたいという思いがあり、この学校へ進学しました。入学前から家でも包丁を握ってはいましたが、調理実習で包丁の使い方の基礎を教えてもらうと、今までとは全く切れ味が違うことに驚きました。先生方は叱るだけではなく、的確なアドバイスをくれます。また、専門科目は難しい言葉も出てきますが、逆にそれが新鮮で、毎日の授業は楽しいです。
 念願の調理部に入部し、金曜日を主に活動しています。1年生は料理の基礎を教えてもらい、お互いに追いつき追い越せと頑張っています。顧問の先生方や先輩方はとてもユーモアがあり面白く、皆和気あいあいと楽しく練習をしています。私も3年生になる頃には技術コンクールに出場できるよう日々努力を重ねています。